2023.7.25

英語って楽しいね。遊びながら学ぼう。〜青郷(せいきょう)保育所〜


高浜町には公立保育所が3か所、高浜町立認定こども園と私立認定こども園がそれぞれ1か所ずつあります。

 

 

そのなかで、今回は公立保育所『青郷保育所』をご紹介。青葉山の麓にある青郷保育所は、保育所のお庭でわかめ干しをするなど、自然や町の伝統文化を大切にした保育が行われています。

 

 

   楽しみながら「英語あそび」で外国語に親しもう!

 

 

高浜町の保育所では、年長児がゲームなどで遊びながら英語に親しめる「英語あそび」が定期的に行われています。今日は青郷保育所で英語あそびが行われる日。ALT(外国語指導助手)のブライアン先生が保育所に来ると、子どもたちは「待ってたよ~」と大歓迎です。

 

 

ブライアン先生はイラストと英単語が書いた紙を何枚も持ってこられているようです。1枚1枚ボードに貼り付けていきます。

 

 

『sad』といいながら泣き真似をしたり、『hungry』といいながらお腹がすいた素振りをしたり、ブライアン先生はジェスチャーを加えながら子どもたちと一緒に単語を読んでいきます。そして、そのままクイズ大会に突入。このジェスチャーはなんでしょう?子どもたちが英語で答えます。

 

 

担任の先生も出題者に。これはなんのジェスチャーかな?答えは『great』でした。

 

 

子どもたちも次々と出題者に。ちょっと恥ずかしそうにしながらも、みんなしっかりジェスチャーできました。

 

 

答える子どもたちも楽しそう。

 

 

英語あそびに時間は30分くらい。飽きずに集中できる、ちょうどいい時間ですよね。ジェスチャー遊びの他にも、ブライアン先生が英語のお話を聞かせてくれたり、みんなで英語の歌を歌ったり。あっという間に時間は過ぎていきます。「ありがとうございました!」と、元気な声でブライアン先生にごあいさつして、今日の英語あそびはおしまい。さて、この後はなにをするのかな?

 

 

   遊びの時間。身体をいっぱい動かして、元気満点!

 

 

英語遊びの後は、そのままお遊戯室でフリータイム。みんな、それぞれに興味のある遊びを楽しみます。

 

 

なわとびは順番に並んで、ひとりずつ。先生が背中にポンッと、なわとびに飛び込むタイミングを教えます。みんな、とてもいい笑顔でびょんびょんと上手になわとびをしていました。

 

 

大きなブロックを使って、なにやら作成中。みんなで相談して、つくりあげていきます。

 

 

これはなんだろう?みんなのお城かな?

 

 

英語あそびの日は、ALTのブライアン先生も一緒に遊びます。

 

 

フラフープも上手ですね。

 

 

元気いっぱい、たくさん遊んだ子どもたち。そろそろ小腹がすいてきたのではないでしょうか。次はお待ちかねのおやつタイムです。

 

 

   楽しい、おいしい、おやつの時間。

 

 

引き続きブライアン先生も一緒に、みんなでおやつタイムです。担任の先生が教室におやつを持ってくるまでに、自分の机にコップとナフキンを準備します。

 

 

三角巾とエプロンをつけた先生が、おやつを持って教室に戻ってきました。今日のおやつはポテトチップス。はやく食べたい気持ちをおさえて、みんなお行儀よく一列に並びます。

 

 

みんな大好き、ポテトチップス。先生が小さなお皿に取り分けて、みんなに配ります。子どもたちの『私のお皿にもっといっぱい入れて~』という心の声が聞こえてくるようです(笑)

 

 

 

牛乳は子どもたちが自分でコップに注ぐのですね。こちらもちゃんと順番を守って…さすが年長さんです。

 

 

「手を合わせてください。いただきます。」とお当番さんたち。みんなも続いて「いただきます!」と大きな声で応えます。

 

 

いい笑顔!みんなで楽しく食べると、おいしさも格別ですよね。

 

 

おやつが終わると、もうすぐ帰る時間。おうちの人がお迎えにやってきます。お友達や先生にバイバイして、また明日。きっと次の日も素敵な1日になるのでしょうね。

 

 

今回は年長児の英語あそびをピックアップしましたが、他年齢クラスの子どもたちもきっと笑顔と元気がいっぱいの毎日を送っているのだろうと思います。これからも自然にかこまれた青郷保育所で、すくすくと大きくなっていってほしいです。

 

 

コメントを残す